2017年5月6日土曜日

宝屋 西小路五条店

訪問:2017年5月6日
麺:ラーメン
お店:ラーメン屋
地域:京都府 京都市 右京区 西院西溝崎町33−1 五条ローズハイツA棟1F
ラーメン 小盛
<ラーメン>
価格:ラーメン 小盛 550円
(普通盛は650円)

感想:
普通の京ラーメンです。
汁を全部飲むと塩分取りすぎって感じです。
今回は餃子も頼んで、餃子はタレを付けずに食べたので丁度良かったです。

ところで、京都以外の方は京ラーメンというと薄口醤油味だと思っている事がありますが、油が浮いたかなり濃い口(旨味が多い)が京ラーメンです。

全然観光地でない場所にあるので、観光客は少ないと思う。

2017年5月3日水曜日

蕎麦屋 樹庵

訪問:2017年5月2日
麺:和蕎麦
お店:蕎麦屋
地域:京都府 京都市 中京区 壬生賀陽御所町22−1
ざる蕎麦
<和蕎麦>
価格:ざる蕎麦 950円

感想:
十割蕎麦です。
蕎麦の香りは軽いかもです。

だしが美味しいとの評判でしたが、それはかなり的確な感想だと思います。
でも、出汁というより醤油に特徴があるような気がします。

店内はかなり狭いので直ぐに満員になってしまいます。

2017年3月4日土曜日

むら木

訪問:2017年3月3日
麺:和蕎麦
お店:蕎麦屋
地域:京都府 京都市 右京区 西院平町5-1
粗挽き ざる蕎麦
<和蕎麦>
価格:粗挽き ざる蕎麦 850円

感想:
十割の細切り蕎麦も美味しかったですが、私はこちらの方が好きです。

2週続けて行ってしまいました。
蕎麦の他に頼んだ新潟のお酒と牡蠣の天ぷらもいい感じでした。
新潟のお酒
牡蠣の天ぷら
お店内部

2017年2月26日日曜日

むら木

訪問:2017年2月24日
麺:和蕎麦
お店:蕎麦屋
地域:京都府 京都市 右京区 西院平町5-1
細切り ざる蕎麦
<和蕎麦>
価格:細切り ざる蕎麦 850円

感想:
外れなく美味しいです。

この日はプレミアム・フライディー始まりの日(続くかは???)。
仕事の帰りに寄ってみました。
何時も通りの一番乗りで、何時もの席に陣取り、日本酒と天婦羅、蕎麦を注文。
何時も通り蕎麦は少し遅らせていただきました。
プレミアム・フライディーもこんな風に過ごせるならいいかもです。
(退勤時間は変わりません。)

蕎麦工房 蕎麦の実よしむら

訪問:2017年2月18日
麺:和蕎麦
お店:観光パラダイス的蕎麦屋
地域:京都府 京都市 下京区 五条烏丸東入る北側
おろし蕎麦
<和蕎麦>
価格:おろし蕎麦 1,020円

感想:
二度と行く価値なし。

1ヶ月位、いろいろなお店で「おろし蕎麦」を食べています。
「おろし蕎麦」は大根おろしが加わるので、工夫しないと蕎麦汁が薄くなり蕎麦が不味くなってしまいます。
各蕎麦屋はいろいろな工夫をしていました。
そして、蕎麦とおろし、汁の微妙なバランスを上手く保っていました。

さて、「蕎麦の実よしむら」です。
入店すると、なれない「おこしやす」の声が響きます。
それは台本を読んでいるよりひどい感じです。
関西出身でないアルバイトに無理やり言わせているのかな?
「おこしやす」なんて、京都でもごく限られた地域のごく限られた年代の方々の言葉なのに、観光客を意識しているのでしょう。

さて、「おろし蕎麦」には工夫が一つだけ、カイワレ大根を加えたこと。
そもそも、蕎麦とおろし、汁の微妙なバランスが崩れて、蕎麦の味も汁の味も失った「おろし蕎麦」がカイワレ大根でますます水っぽくなっています。
カイワレ大根の工夫は「見た目」重視、お店の人は食べたことがあるのでしょうか?

京都で観光パラダイスのお店は多いです。
この老舗蕎麦屋の支店も観光パラダイスの仲間入りを果たしたようです。